ADA(仮想通貨)の今後と価格は?日本取引所上場や特徴・発行枚数について


▼当サイトで人気の仮想通貨取引所!

 

【1位】bitbank(ビットバンク)
国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】DMM Bitcoin
大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【3位】GMOコイン
人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【世界No,1】バイナンス
Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1流通量を誇る海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録し、資産を分散しましょう!

こんにちは^^

今日はもうすぐステーキングが始まるADA(エイダ)コインに関して、

将来性や日本の取引所上場の可能性など、

詳しく書きました!

【最新情報】2018/3/26

DarpalRatingの格付けで、Cardano ADAコインが主要通貨45銘柄中

『1位』の『A-』と高評価(2018/3/22)!!

 (≧∇≦)やった!!

私自身ガチホの本命はADAコインなんです!

何しろ開発者が、

天才数学者チャールズ・ホスキンソンさん

えっ!?この人がMr.チャールズ・ホスキンソン!?

 

愉快なおじさん(*’▽’)だなぁ~なんて

実はまだ20代なんですよw|;゚ロ゚|w

 

若き天才なんです+(人*´∀`)

 

真面目に話すと、

仮想通貨の第一人者

2014年にはEthereumのCEOを経験し、

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)を創設。

世界の名だたるIT界の巨人であるビル・ゲイツ氏も

彼の才能と実力を絶賛するほど!

 

ADAがどれだけすごいか、じ~っくり確認しましょう!

ADAコインとは?

通貨名: ADA(エイダコイン)

通貨略号: ADA

公開日 : 2017年10月

発行枚数(上限枚数): 450億ADA(市場に流通するのは320億ADA)

取り扱い国内取引所 : なし⇒上場する可能性も!⇒後半で

取り扱い海外取引所 : Bittrex(ビットトレックス)、Binance(バイナンス)、Upbit など.

公式サイト: https://www.cardanohub.org/ja/home-2/

ホワイトペーパー:https://whycardano.com/jp/

 

時価総額が第2位のEthereum(イーサリアム)や、

トップ20位圏内のBitShares(ビットシェアーズ)といった

暗号通貨の開発に携わった『暗号通貨の第一人者』である

「チャールズ・ホスキンソン」氏が開発に携わったことで

プレセールの段階から注目を集めていました^^

 

若くして暗号通貨を世に送り出している天才で

IT界の巨人であるビル・ゲイツ氏

チャールズ・ホスキンソン氏の実力、才能を絶賛していることから、

いかにADAコインが注目されていたかがうかがえますね!

ADAコインはCardano(カルダノ)とも呼ばれるときもあり、

運営・管理は、「Cardano Fundation(カルダノ財団)」

技術的な開発は「IOHK(Input Output HongKong)」

プラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける

営業は「Emurgo(エマーゴ)」のように3つの組織が関わっています。(カルダノプロジェクト)

ADAコインは現在、

オンラインカジノやゲームを扱うゲームプラットフォームを展開しており、

カルダノで運用されているオンラインカジノで公平且つ平等にカジノを楽しむことができる通貨です。

カジノコインについては、ひと昔前の状況で、

汎用的なプラットフォームに舵を切るプロモーションを担っています。

 

また、ADAコインは量子コンピューター耐性と、

安全性の高い難解な言語を利用したプログラミングによって、

強固なセキュリティを持つ仮想通貨となっています。

 

正直何回読んでも、単語がわからないと難しいですよね^^;

 

簡単に言うと、

量子コンピューターとは従来のコンピューターを超える計算能力があって、

従来のコンピューターの「1億倍」の計算能力を有するとの一説があります。

 

仮想通貨の基盤技術となっているブロックチェーンでは

「公開鍵暗号」と呼ばれる暗号システムが使われていますよね!

その暗号システムには「秘密鍵」と「公開鍵」という対になる2つの鍵を用いるのですが、

量子コンピューターが、

今までのコンピューターの1億倍の計算能力があるので、

既存の公開鍵暗号の方法を利用したインターネット上の暗号は破壊される可能性も示唆されています。

 

ですが、

ADAはこの量子コンピューター耐性のある仮想通貨の代表なのです!

ADAコインの価格推移

ADAコインは2017年1月にプレセールが終了し、

その後10月2日にBittrexに上場し売買が開始されました。

プレセールの段階では1ADA=およそ0.3円で購入が可能でしたが、

上場して初日は1ADA=10円まで上昇しました。

その後は1ADA=2〜3円付近で価格が推移しておりましたが、徐々にその価格は下がっていきました。

しかし、2017年11月の終わりから突如急騰して、1ADA=15円まで上昇します。

その後も価格の高騰が続き、

2018年1月には、1ADA=100円にまで達しています!

プレセールの時からおよそ300倍以上の価格がついたことになります。

 

その後は緩やかに価格が下がり始め、

2018年3月頃の価格は1ADA=33円前後になっています。

価格が下がった今でも、プレセールの100倍、上場してからおよそ5か月で10倍以上の価格がついたことから、

今後の価格の推移も期待できそうです!

 

さらに高騰材料があるのです!

2018年4月からステーキングが始まるとの情報なので、

今の価格が底かな?なんて見ています。

ステーキング始まったらどうでしょう?

 

売りが少なくなりますね!=価格が下がりにくい

 

ADAコインが上場している取引所は?

バイナンス

ADAコインはBittrex やBinanceなどの取引所で売買できます。

残念ながら、

日本の取引所(Zaifやビットフライヤー)ではまだ取り扱ってりませんので、

日本円でADAコインを直接購入することができません。

 

国内の取引所でビットコインを購入し、

ビットコインを海外の取引所に送金してからビットコインでADAコインを購入する、

という流れになります。

 

海外の取引所での取引は難しいと感じるかもしれませんが、

基本的には国内の取引所と同じ方法で売買できます。

英語に自信がない方も、Googl翻訳などの翻訳サポートが充実しておりますので、少しずつ慣れていかれれば問題ないと思います。

2017年10月時点で取り扱っていたのは、

Bittrexだけであったことを考えると今後も取引所は増えていくと予想されますので、国内の取引所で売買できる日も近いかもしれませんね。

2017年12月にはバイナンスにも上場しました!

バイナンスは世界No,1取引量を誇る仮想通貨取引所ですよ^^

Binance(バイナンス)の登録方法!日本語で口座開設するやり方解説

日本のATMで取り扱われる予定!

ADAコインの日本での購入、販売に関しては非常に気になりますよね。

調べてみたところ、

公式サイトにて「ADA の取り扱いは日本のATM でも開始される予定です。

まず5ヶ所のATMから開始され、ADA 公開後1年以内に25か所のATM での取り扱いを目指しています。」(2018年中)

との情報が公開されていました!

 

仮想通貨をATMで引き出すというのは非常に新鮮ですね。

もし、コンビニで現金の取引をするのと同じような感覚で、ビットコインなどの他の仮想通貨とADAコインの取引ができるようなら非常に画期的ですよね。

この計画は2017年の時点で開始しており、現在も実現に向けて準備中のようです。

仮想通貨の新たな可能性として、非常に期待ができそうです!

 

そして日本上場の情報ですが、

以前BITPLUSという日本語対応の取引所に上場する噂がありました。

まだ上場はしていないようです。(2018/3現在)

もし日本の取引所に上場するなら、

GMOコインあたりかなと予想^^

口座開設には数日、1ケ月程掛かります!

高騰する前に買えるよう、

事前に口座を開いておきましょう!

ADAコインの将来性は?1年後の価格は?

将来的にADAコインはATMで取引されるようになるだけでなく、

Cardanoデビットカードの使用による、オンラインショップや店頭でのADAコインによる支払いが計画されているそうです。

カードの申請&取得を行うことにより、ダイダロスウォレットを介してCardano デビットカードにADA コインを送ることができます。

実装されれば資金はユーザーが選んだ通貨に自動的に両替することも可能になるそうです(例:日本円から中国元)。

こちらについても、2018年中に日本で実装される見込みですが、

仮想通貨の特徴を活かした計画だけに、

実装されれば全国的に普及することが予想されます!

 

また、2018年1月から2月26日現在まで、ほとんどの仮想通貨の価格が大暴落し、

基軸通貨のビットコインも200万円代から100万円以下に、50パーセント以上も価格が下がっているのに対し、ADAコインは低下率が30パーセント程度と、比較的安定しています。

このことからも、ADAコインがいかに信頼されているのかわかります。

 

2017年10月にBittrexに上場してから12月には取引所内での取引量が9位にランクインしています。

価格についてもさらなる上昇が見込まれており、

2018年7月末までに1ADA=1~1.5USDまで達し時価総額ランキングも5位以内に入るのでは、と言われております。

また、公式HPによりますと、今後もさらに取引所の数が増えるようですので、今後の動向にも注目が集まりそうです。

ADAコインの発行枚数と時価総額について

ADAコインは発行枚数は450億ADAと決まっていて、そのうち市場に流通するのは320億ADAです。

2018年現在では発行枚数はトップクラスに多い仮想通貨です。

市場に流通しない130億ADAが、マイニング料の支払いに使われています。

 

また、こちらのサイトによりますとhttps://coinmarketcap.com/ja/

時価総額は日本円で¥902,422,489,738円で、

2018年2月26日現在で6位にランクインしています。

上場してからわずか5か月とは思えませんね。

 

ADAコインは今後もさらなる展開が予想されるため、

ADAコインの需要が増えることで時価総額もさらに高くなっていくことが予想されます。

ADAコインの円換算アプリ

仮想通貨といえば、やはり自分の保有している資産が気になりますよね。

スマホを使ってADAコインを円換算でチェックするには、

「Blockfolio」「CoinCap」「CoinFolio」

などの仮想通貨を円換算できる無料アプリの利用がおすすめです。

「Blockfolio」は所有するコインと数量を、

同時に管理することができ、いつでもリアルタイムに資産状況が確認できます。

また、チャート表示や価格変動のアラート機能など日々のトレードにも役立つ機能があるのが特徴です。

 

私はブロックフォリオ派です(*’▽’)

「CoinCap」はチャートの動向の確認だけでなく、

自身の保有する仮想通貨の種類や量を入力してポートフォリオを表示することもできます。

「CoinFolio」も他のアプリ同様に随時、

人気のある仮想コインをチェックすることができるほか、通貨の換算もできるので、円だけでなく気になった国の価格に表示することができます。

どのアプリにも特徴があるので、複数のアプリをインストールしてみるのもいいかもしれませんね!

 

さていかがでしたか?

カルダノADAの可能性は大変有望とわかりました^^

ADAを買えるのは、バイナンスが一番手数料が安く買えますよ!

バイナンス

Binance(バイナンス)の登録方法!日本語で口座開設するやり方解説

最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitFlyer(ビットフライヤー)

多数の大手企業が株主参加!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内で唯一ハッキング保証もしています!

 

手数料が安い!  Zaif(ザイフ)

ネムやモナーコインを日本円で購入できる!
ミンドルやXCP多数トークン取扱いはココ♪

Zaif(ザイフ)コイン積立で安心運用!

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!
GMOコイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です