GGT(グローバルゴールドトークン/仮想通貨)の将来性やGGCとの関係は?

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

2018年にBitForexに上場した

金(ゴールド)に関する仮想通貨、

GGT(グローバルゴールドトークン)について

まとめました!

 

最近ではGGTに関するニュースをよく目にするので、

2019年、楽しみな仮想通貨(暗号資産)になるかもしれません!

 

なぜ期待できる銘柄なのかは、

中ほどで(*^^)v

GGTについて

世界の金に関連する業界のブロックチェーン・アライアンス、

Goldlinks財団が発行している

GGT(グローバルゴールドトークン)について紹介します。

 

GGTとは、

Global Gold Industry Blockchainというコミュニティー全てのメンバーが

利益・権利を記録して管理、配布する為のユーティリティートークンで、

金を“デジタル資産”として取引・保有する事が可能になります。

 

金という資産には

「金地金(延べ棒などの金塊)」「金貨」「金ETF(上場投資信託)」など、

さまざまな形態があります。

 

Goldlinks財団はブロックチェーン技術を用いる事で、

金という資産の中でも「金地金」

デジタル資産として取引出来るプラットフォームを提供しようと試みているわけですね。

 

そのプラットフォームに参加するための仮想通貨が

『GGT』です(*^^*)

 

では次にGGTとGGCの関係、役割を

わかりやすく見てみましょう(*^^*)

GGCとの関係

まずは2つの役割を見ると、

 

 

・GGC:金の価値と同等の仮想通貨

・GGT:プラットフォーム上でGGCを運用するための仮想通貨

 

Goldlinks財団では、

100GGC=純金1gと定義しています。

(参照:http://www.goldlinks.one/ja/index.html#description

 

現代は価値の尺度としてUSDや日本円といった貨幣(法定通貨)を

用いています。

 

同じように金をGGCという“デジタル通貨”に置き換え、

GGTをトークンとして置き換えたのだと考えていただくと

理解しやすいかもしれません(*^^*)

 

金1g=100GGCの価値が変わればその価値の尺度であるGGTの価格も変動するため、

結果的に金の価格の上昇および低下に応じて、

トークン価格が変わることになると予想されます。

 

とはいえ、自分で言っておいてなんですが^^;

金の価格は仮想通貨のように、

価格の乱高下はほとんどなく、安定しています。

GGTの将来性は?

Goldlinks財団によりますと、

GGTの最初の発行枚数は200億GGTですが、

毎年Goldlinks財団の収益の20%でGGTを買い戻し

最終的に市場に出回るGGTの枚数は

20億GGTを維持する予定です。

(出典:http://www.goldlinks.one/ja/index.html#description

http://www.blocktimestv.com/news/view.php?idx=2808

 

これはいわゆる「バーン(Burn)」

といわれる行為ですw|;゚ロ゚|w

 

バーン(Burn)を行う理由は様々ですが、

総じて仮想通貨の価値を高めて資金の流入を増やすことが大きな目的です。

そうすることによって、運営はうまく資金を集めることができ、

その資金を元にプロジェクトを進めることができます。

 

バーン(Burn)が行われると、

市場に出回っている仮想通貨の枚数が減るので、希少価値が高まります。

 

そのため、投資の判断材料としては好材料になると言えます。

 

別通貨ですが、2018年3月13日にHitBTCに上場した

『NOAH(ノアコイン)』ですが、

その4日後、3/17にバーンしています。

ちなみに公式バーンの発表後

3倍に跳ね上がっています。

その後事実売りで価格は戻っていますが・・・

 

また別の通貨で言うと、

バイナンス取引所の通貨『BNB』も度々バーンし、

こちらは価格を維持しています(*^^*)

2018/10/17で5回目のバーンが終了。

(出典:https://www.binance.com/resources/ico/Binance_WhitePaper_en.pdf

 

【翻訳】
四半期ごとに、収益の20%をBNBの買い戻しと破壊までに使用します。
我々は全BNBの50%(100MM)を買い戻す。 すべての買い戻し取引は
ブロックチェーンについて発表しました。 私達は結局100MM BNBを破壊し、
100MM BNBが残っています。 

バイナンスの意図と、

ゴールドリンクスのGGTの意図が

似ているなぁ~と思いませんか!?

(出典:http://www.goldlinks.one/ja/index.html#description

 

ここで決定的な違いが!

 

ノアコインって何かに裏付けられていますか?

「ない」ですよね。

(ノアコインをdisっているわけではなく、客観的に見て比較しています。

フィリピンの経済特区での取引所とか、ドラマなど、今後ファンダが出ると思うので、楽しみです!)

 

一方、

BNBは世界一位の取引所『バイナンスが発行』

という裏付けがあります。

 

GGCとGGTは、

現物の金の裏付けがなされています。

 

モンゴルの金鉱山とのパートナーシップ締結:

https://finance.yahoo.com/news/goldlinks-teams-mongolian-gold-mine-073400389.html

 

GGTを購入できる仮想通貨取引所は

現在のところBitForexのみです。

 

今後上場する取引所が増えれば、

さらにGGTの価格も上昇すると考えられます(*^^*)

GGT・GGCの購入方法

GGTの購入方法をまとめました!

BitForex(ビットフォレックス)GGTの購入方法(買い方)入金&出金のやり方も!

 

GGCはまだ上場していません。(2019/1現在)

 

追記

2019/1/10のニュースで、

ゴールドリンク社が香港証券先物委員会(SFC)に

仮想通貨ETFの発行の申請をしました。

(参照:https://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP2019174654.html)

 

すごいニュースですね!

同じくADKもETF申請中で、2019年1~3月NSE(ナイロビ証券取引所)に上場予定です。

 

となると、GGC&GGTとADK どちらが世界初のETF承認の仮想通貨になるか、

注目ですw|;゚ロ゚|w

 

仕込むなら今でしょ!

GGT(仮想通貨)の買い方・購入方法を解説!チャートや上場先取引所は?

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

初心者も使いやすい! DMM Bitcoin

7種類14通貨ペアの幅広いアルトコインFXができる!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です