2段階認証ができない&エラーが出てログインできない時の対処方法

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

取引所毎に2段階認証を設定されている方が

ほとんどかと思いますが、

最近

エラーが多い

ログインできない

「パスコードが間違っています」の表示

が頻発している時の対処のやり方をまとめました!

スポンサーリンク


二段階認証のエラーの原因は?

GoogleのGoogle Authenticatorのアプリでエラーが出ると、

まさかハッキングされた!?

とびっくりしてしまいますよね(´∀`;A

 

ほとんどの場合、

原因はスマホの時間設定の狂いが原因です!

 

Google Authenticatorの認証コードは

30秒ごとに更新されるため、

スマホ端末の設定で、

「自動タイムゾーン(ネットワークから提供されるタイムゾーン)」に設定されていない場合、

タイムラグが生じます。

 

よって正しい時間内に表示された認証コード出ない為に

エラーとなってしまいます。

 

早速スマホのタイムゾーンを変更しましょう!

エラーの対処方法

Androidの場合

 

〇STEP1

『設定』⇒『システム』⇒『日付と時刻』


〇STEP2

 

『日付と時刻の自動設定』と『タイムゾーンの自動設定』

この2つをどちらも『ON(有効)』に設定します。


〇STEP3

 

Google Authenticatorアプリを立ち上げます。

『設定』をタップします。

 

 


〇STEP4

 

『コードの時刻調整』をクリック


〇STEP5

 

『今すぐ同期』をクリック

これで完了です!

スポンサーリンク


iPhoneの場合

 

〇STEP1

 

『設定』⇒『一般』⇒『日付と時刻』⇒自動設定を「ON」にする


〇STEP2

Google Authenticatorアプリを立ち上げます。

『設定』をタップします。

 

 


〇STEP3

 

『コードの時刻調整』をクリック


〇STEP4

 

『今すぐ同期』をクリック

これで完了です!

 

2段階認証の機種変更時の再設定方法(バイナンス)とバックアップのやり方

2018.04.04

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

本田圭佑がイメキャラ! ビットポイント

各種手数料が無料
現物取引からレバレッジ25倍まで可能!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です