ハードフォーク(分岐)とは?(仮想通貨取引の用語)

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

ハードフォークとは?

ハードフォーク(分岐)とは、

すでに存在する仮想通貨をアップデートする際に旧ルールを無視し、

新ルールを新たに適用することで、旧ルールの互換性が無くなる事です。

 

スポンサーリンク


仮想通貨はブロックチェーンによって成り立っております。

ブロックチェーンは最初から連なる一つのデータの列なので現在使われている仕様を変える際には

「新仕様を採用し、それまでの旧仕様は無視をする方法」があります。

これがハードフォークです。

ハードフォークが行われた後は?

ハードフォークが行われると、

もともとのルールが適用されている旧ブロックと新しいルールが適用されているブロックの間では

互換性がなくなります。

また、旧ブロックはそのままに新しいブロックが生まれます。

しかし、旧ブロックは残されており使用することができるので、ハードフォークによって仮想通貨が分裂してしまうことになるのです。

 

仮想通貨が分裂するなんて、

ややこしいと思う方もいるかもしれませんね。

 

ハードフォークを行う理由としては、

  • 処理速度向上などのバージョンアップのため
  • ハッキング対策などセキュリティ向上のため

などが挙げられます。


ビットコイン(BTC)はこれまでに何回もハードフォークを行っており、

ブロック容量を増やすことで決済速度を向上させています。

 

BTCのハードフォークで有名になったのは、

BCH(ビットコインキャッシュ)が代表的です。

 

2018年11月には、2度目のハードフォークあります!

BCHのハードフォークが配布される取引所や時間は?BSVや価格について

2018.10.19

 

BCHは時価総額ランキングもTOP10に入っているので、

今後BTCに取って代わるのでは!?と常々言われている通貨です。

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

本田圭佑がイメキャラ! ビットポイント

各種手数料が無料
現物取引からレバレッジ25倍まで可能!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です