BCHのハードフォークが配布される取引所や時間は?BSVや価格について

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

2018/11/15に

BCH(ビットコインキャッシュ)

ハードフォークを行なう予定が高くなってきました!

 

今日は、BCHのハードフォークで生まれる予定の

BSV(ビットコイン・サトシ・ビジョン)配布される取引所や、

ハードフォークの時間を調べてみました!

 

またハードフォークが行われると、

BCHの価格はどうなるか、予想をしたので、

見て行ってください(*’▽’)

 

ハードフォーク前に仕込み、

どこで売却したらよいか、考察してみました♪

 

早速、概要からどうぞ♪v(‘∇’*)

スポンサーリンク


BTCのハードフォークでBCH誕生!

もともと、BCHが誕生した理由としては、

ビットコインが抱えていた「スケーラビリティ問題」が挙げられます。

ビットコインは性質上、ブロックチェーンに取引の情報を書き加え続ける必要があります。

 

ところがビットコインの普及が予想以上に早く進んだため、

処理が追いつかなくなっている状況が生まれました。

結果として、BTCは送受信に時間差を生むようになってしまいました。

 

ビットコインのブロックサイズは1Mですが、

2018年現在、

世界中で発生する取引は10分で1MBを超えることが多いため、

送金処理の遅延が常態化しています。

 

これがいわゆる、

BTCは送金時間がかかる!という問題ですね^^;

年末バブル中ですと、24時間以上かかったり、

要は『送金詰まり』(´∀`;A

 

決済に利用する通貨としては、タイムラグが大きくなるのは深刻な問題です^^;

この仮想通貨における情報処理速度の遅延を指して、

「スケーラビリティ問題」と呼びます。

 

ビットコインでは処理速度の改善に向けた取り組みが、現在までに何度も行われてきました。

 

BTCからハードフォークしたBCHは、

ブロックサイズを8Mにすることで、

スケーラビリティ問題も解消され、

決済に関してはビットコンよりもかなり早く完了させることが可能となりました。

11月15日のハードフォークの概要

そしてBCHは2018/5/15にもハードフォークが行われ、

それまで8Mだったブロックサイズが32Mになりました!

 

ブロックサイズが拡大することで、

1ブロックで処理できるトランザクション量(取引データ)が増加し、取引承認のスピードがより高速になりました。

 

それでは、2018/11/15のハードフォークで

最大ブロックサイズを128 MBとした場合はどうなるでしょうか。

 

単純な決済速度でいえば、

ビットコインの128倍、

現在のBCHの4倍の速度で決済が完了します。

 

このレベルになりますと、

クレジットカードよりも早い決済が可能となります。

また、海外へ送金する際にもほとんど時間差を感じることなく送金が完了するでしょう。

 

今回のハードフォークで注目するべきは

「最大」ブロックサイズを128 MBにする予定です!w|;゚ロ゚|w

 

ブロックサイズを単純に大きくしてしまうだけですと膨大な量のブロックを保存できるだけの大容量端末が必要になってしまうので

「誰でも参加できる」というビットコインの大きな特徴が失われてしまいます。

 

今回のハードフォークでいくつかのブロックサイズで調整が可能になるとすれば、

企業レベルから個人レベルまで、

「誰でも参加」することが可能となるでしょう。

ハードフォーク(分岐)とは?(仮想通貨取引の用語)

2018.10.18

BSV(ビットコイン・サトシ・ビジョン)とは?

ブロックチェーンの研究開発の世界的企業であるnChain社は、

2018年11月15日BCHがハードフォークし、

BSV (Bitcoin SV)という通貨が誕生すると発表しました。

 

プロジェクト名のSVは「サトシ・ビジョン」に由来。

 

ビットコインの開発者サトシ・ナカモトのビジョンを実現するというプロジェクトの使命を反映しています。

 

ロードマップによりますと、

2018年11月15日の最初のリリースに向けてより強固なセキュリティとベストプラクティスを確立するために、

仕様変更まとめ

①、4種類のオリジナルサトシ・オペコードの復元

②、スクリプトごと201オペコードの制限の削除

③、最大ブロックサイズを128 MBに拡張

 

①については、

オリジナルのビットコインプロトコルを復活させることで、

BCHの長期的安定性を維持するために、

バージョン0.1.0実装へと戻ることです。

 

ビットコインの開発者サトシ・ナカモト氏が持っていた

「本当のビジョン」に立ち返ることを

目的としているようです。

 

②、③については、

ペコードの制限をなくすことで更なる高度な機能を利用できるようになるとともに、

現在32MBの最大ブロックサイズを128 MBに拡張し、

より大きなブロックから小さなブロックまでを許容できるというメリットがあります。

 

追記

追記:2018/11/5

ビットコインキャッシュ最大のクライアントの『ビットコインABC』

と、

自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏の

ブロックチェーン開発会社nChainが、

アップグレードをめぐって、対立しています。

 

よって、ハードフォークはBSVになるのか、

ビットコインABCになるのか、

まだ不明とのこと^^;

スポンサーリンク


BCHハードフォークの行われる日時

2018/11/16 2:00(日本時間)

UTC(協定世界時):2018-11-15 17:00:00

 

またハードフォークは決定事項ではなく、予定です^^;

(2018/11/05時点)

10/15にアナウンス予定ですが、まだ発表されていません。

 

わかり次第追記します!

追記

バイナンスがBCHのハードフォークをサポートとのこと^^

BSVが配布される取引所・貰い方

2018年11月15日のハードフォークでは、BCH保有者にはその保有量に応じた形でBSVを供給される予定です。現在、付与に対応している取引所は

の3つが判明しています。

それぞれの取引所でBSV付与の条件を紹介します。

バイナンス

バイナンス

11/2にバイナンスの公式サイトより、

BCHのハードフォークをサポートする諭旨のアナウンスがされました(*^^*)

仲間のBinancians、

Binanceは今後のBitcoin Cashハードフォークのサポートを確認したいと考えています。UNIX時間1542300000、2018/11/15 4:40:00(UTC)でBitcoinの現金残高のスナップショットを取ります。Bitcoin現金の入出金は、2018/11/15 3:00:00(UTC)から一時停止されます。この時間より前に完全に預金が処理されるのに十分な時間をおいてください。BinanceアカウントにBitcoin Cashを保有するすべてのユーザーに関連するすべての技術要件を処理します。

Bitcoin Cashの預金および引き出しが再開された時点で、ユーザーに通知するためにスナップショットが完了した後に別途アナウンスを行います。

詳細については、Bitcoin Cash 2018 Nov Upgradeの公式発表を参照してください

ご協力ありがとうございました!

バイナンスチーム

2018/11/02

引用:公式アナウンス

 

バイナンスでの貰い方

当日の予定は、上記のアナウンス通り

 

バイナンスの日程

2018/11/15 3:00:00(UTC)に入出金がストップ

(日本時間では、2018年11月15日(木) 12:00)

 

2018/11/15 4:40:00(UTC)に残高のスナップショット

(日本時間では、2018年11月15日(木) 13:40)

 

BSVかBCHABCのどちらになるか不明ですが、

受取の権利はバイナンスに、

BCHの残高が上記の時間にあることです!

SBIバーチャル・カレンシーズ

11月15日前後の一定期間において、

上記措置を確実に実施するためにBCHを取引停止とする可能性があるとのことです。

 

BCHおよびBSVの取引は、新しいブロックチェーンが安定し、

ウォレットを含むすべてのサービスが利用可能になったと当社が判断した場合に、

開始するようです。

SBIVCでの貰い方

現在のところ

BCH保有者にはその保有量に応じた形で新コインを供給する予定とのこと。

 

ただし、取引所の判断で、現金で支払う可能性もあるとのことですので注意が必要です。

貰い方は、SBIVCでBCHを保有するだけです。

参考:https://www.sbivc.co.jp/topics/#181009_01

SBIバーチャルカレンシーズのBCH(ビットコインキャッシュ)の買い方(購入方法)

2018.10.28

Coinex

海外の取引所であるCoinexは、ハードフォークに合わせて以下の通り対応することを発表しています。

(1)2018年11月15日時点の取引所データのスナップショットを取得、保管する。

(2)それまでのBCH保有者は、BTC:BSV=1:1のレートでBSV保有者となる。

(3)ただし(2)は、新しいブロックチェーンが安定し、ウォレットを含むすべてのサービスが利用可能になってからの対応とする。それまでは、BSVの入出金には応じない。

引用:https://coinpost.jp/?p=44320

Coinexは2017年12月にBCHを基軸とする世界初の取引所としてオープンしており、

2018年8月時点で、BCH取引高では世界最大規模を誇りますので、

Coinexの今後の対応には注目が集まりそうです(*^^*)

Coinexでの貰い方

こちらも、CoinexでBCHを保有するだけです。

Bitasiaex

同じく、海外の取引所であるBitasiaexは7つの項目からなる対応方針を発表しており、

11月のハードフォークに向けた準備を行い、

BCH保有者にはその保有量に応じた形で新コインを供給する予定であると述べています。

Bitasiaexでの貰い方

この取引所も同様にBCHを取引所内で保有するだけと思われます!

ハードフォーク決定&貰い方の発表があったら、

すぐに追記します(*^^*)

 

BCHは世界中の多くの取引所で取引が行われていますので、

各取引所の今後の対応に注目したいですね。

ハードフォーク前後のBCH価格に注目!

BCHのハードフォークのアナウンスがあり、

再度BCHに注目が集まりました!

 

BCHの価格予想

ハードフォークの値上がりの期待で買い、

BSV付与後、BCHを売る

この場合BCHの価格は、ハードフォークのアナウンス(ニュース媒体)で価格が上がり、

ハードフォーク直前が高値、その後価格は落ち着く

というのが一般的。

 

価格は現在(2018/10/19)

9/18と同じくらい2018年一番の最安値です。

 

アルトはBTCにつられて動く事が多いですが、

ハードフォーク前はこの金額よりは上がると思います!

 

ちなみに5月のハードフォークの時のチャート

5/15にハードフォークが行われています。

期待買いで価格上昇、事実で売り

 

4/18に急上昇している理由は、

5/15にハードフォークを控えている点。

もう1つに、

仮想通貨取引に特化した投資会社、BKCMのCEO兼創設者のブライアン・ケリー氏が、

CNBCの番組内で、

『BCHのボラティリティの高さや取引数の増加、

今後BCHに対しての投資をおすすめする』

この2つがファンダメンタル要素として考えられます!

 

11月に差し迫ったハードフォーク、

そろそろ仮想通貨ニュースに出てくる回数も増えると思います。

 

私はまだ露出が増えていない今、

BCHロング仕込んでて、ハードフォーク直前ドテンショートの予定です(*’▽’)

BCHFXは、追証なしのBitMEXがおすすめです♪

 

そろそろ年末バブルに突入して欲しい時期^^

BCHが盛り上げてくれることを願いますw

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

本田圭佑がイメキャラ! ビットポイント

各種手数料が無料
現物取引からレバレッジ25倍まで可能!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です