仮想通貨を安全に保有&管理する方法!レジャーナノSの購入方法は?

日本の取引高第2位だったコインチェックで、

約580億円相当の仮想通貨「NEM/XEM」が

不正に流出してしまった事件。

 

2017年は仮想通貨元年。

2018年は数十円、数百円のアルトコインが伸び、

何でもかんでも上がる相場ではなくなります!

そして仮想通貨ハッキング元年でしょう。

 

私が一番おすすめするのは、

ハードウェアウォレットです。

取引所が破綻したら仮想通貨は戻ってきませんから、

自分で資産を守りましょう!

まさかの日本第2位の取引所「コインチェック」が破たんする可能性だってあるのですから・・・。

では早速ハードウェアウォレットで

仮想通貨を安全に管理するやり方をご説明します(*’▽’)

レジャーナノSで保管できる通貨

現在対応している仮想通貨はこちら

銘柄/通貨記号

  • Bitcoin/BTC
  • Bitcoin Cash/BCH
  • Bitcoin Gold/BTG
  • Dash/DASH
  • Dogecoin/DOGE
  • Ark/ARK
  • Ethereum/ETH
  • Litecoin/LTC
  • Ripple/XRP
  • Ubiq/UBQ
  • Expanse/EXP
  • PIVX/PIVX
  • Stealthcoin/XST
  • Vertcoin/VTC
  • Viacoin/VIA
  • Neo/NEO
  • Stellar/XLM
  • Digibyte/DGB
  • HCash/HSR
  • Qtum/QTUM
  • Stratis/STRAT
  • Zcash/ZEC

 

時価総額の高いイーサリアム、リップル、ルーメン、ネオなども含まれています!

また日本人に人気のADAコインは、

カルダノ財団のダイダロスウォレットで保管しましょう!

レジャーナノSの購入方法

ハードウェアなので、実物があります!

仮想通貨で取引していると、ついつい実態のないような気がしますが、

レジャーナノSは現物として所有するUSBメモリのような見た目。

 

レジャーナノSはフランスの会社で、

Legder社から直接購入できますが、

現在XEM流出事件で大変品薄になっています。

 

そこで日本の正規代理店での購入をおすすめします。

正規代理店で使える

1000円OFFのクーポンコード

ledger1000

正規代理店はこちら↓

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット




現在かなり品切れで、入荷が1,2ケ月後です。

もし今すぐ欲しいなら、

 またアマゾンでも購入可能です!

ただ転売屋から買うのはおすすめしません^^;

 

XEMの一件で不安で焦る気持ちになってしまいますが、

オークションやフリマサイトから中古等を買うは、

注意が必要です!

 

大事な資産を守る上では一歩立ち止まってくださいね!

 

レジャーナノSの日本正規代理店は現在15店舗です。(2018/1)

こちらがレジャーナノSの正規代理店リストです。

  • 株式会社EARTH SHIP
  • ERMIS WALLET SHOP
  • BIT RIVER JAPAN
  • CRYPTO WALLET JAPAN
  • BC TRANSPORT
  • OPUS WALLETS
  • FRONTLINE CO.,LTD.
  • HOROPII
  • KH TRADING
  • VOLSEO REALIZE LTD.
  • HARDWAREWALLET.JP
  • ALLURE CO., LTD.
  • GENERATE CO., LTD.
  • CHRONOCODE INC.
  • COPLAS INC.
  • LANGREY INC.

https://www.ledgerwallet.com/retailers

 

アマゾンには複数の販売店がありますが、

公式サイトと照らし合わせて、

正規代理店を見極めましょう!

 

正規代理店で使える

1000円OFFのクーポンコード

ledger1000

正規代理店はこちら↓

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

仮想通貨を安全に保管する5つの方法

安全に仮想通貨を保管するには、

5つの方法があります!

 

ハードウェアウォレット

レジャーナノS

のように、端末で運び出せて取引に使えます。

またオフラインで管理することができ、ハッキングのリスクがありません。

 

オンラインウォレット

└インターネット環境があれば作成可能で、

オンラインで管理するタイプのウォレットです。

日本語対応をしていて有名なのは、

Blockchainです。

 

デスクトップウォレット

└専用のアプリをインストールするだけで簡単に作成できます。

配布元は開発元で、公式にリリースしているので、

その仮想通貨の開発元がしっかりしていれば一番安全と言えます。

エイダコインで言えば、ダイダロスウォレットですね!

 

モバイルウォレット

└スマホでアプリをインストールするだけのウォレットです。

持ち運びができ、利便性は高いものの、

スマホを紛失、盗難、破損した時に取り出せなくなる可能性がある。

もちろんバックアップを取ればよいだけですが。

 

スマホがウイルスに感染したりしないように気を付ける必要があります。

代表的なモバイルウォレットは、

Copay、Bread、Coinomi、Mycelium

GooglePlayとApplestoreでは必ず公式のものをDLしましょう!

 

ペーパーウォレット

└紙に秘密鍵を印刷するやり方。

原始的ではありますが、非常にセキュリティが高いです。

紙を紛失しないように注意が必要です。

 

5つご紹介しましたが、

取引所に入る時も必ず2段階認証をするなど、

最高レベルでセキュリティをおすすめします。

 

正直、日本の取引所ならログインする都度、

2段階認証面倒だから、いらないかな?日本だし。

と思っていましたが、コインチェックの件で、

必要性をつよーく感じました汗

 

2017年に取得した仮想通貨、

2020年まで長期HODLしたら

億って当たり前に行くと思いませんか^^;

 

よく読まれています!

Binance(バイナンス)の登録方法!日本語で口座開設するやり方解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です