Poloniex(ポロニエックス)は追証なし?マージンコール(強制決済)とは?

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

Poloniex(ポロニエックス)

最大レバレッジ2.5倍の信用取引ができます(*’▽’)

 

2.5倍ですと、

BitMEXやBitfinexからすると低めですが、

メックスやフィネにはないアルトコインも

マージントレード(信用取引)ができるので魅力ある取引所です!

 

また仮想通貨は暴落、暴騰のボラが激しいので、

FXと聞くと値動きが激しく思っていた方向出なかった時、

借金が生じるか気になるかと思うので、

ポロニエックスの追証や強制決済についてまとめました!

スポンサーリンク


追証あり?なし?

ポロニエックスのマージントレードでは、

追証がないゼロカットを採用しています。

 

いわゆる借金が生じる前にロスカット(強制決済)されるということです(*’▽’)

 

そしてポロニエックスはロスカットされる前に、

マージンコールが取引画面に表示され、メールでもお知らせがきます!

お知らせは丁寧ですね^^

 

ただし、急な暴落、暴騰で強制決済まで損切が間に合わない!なんてことがあるので、Stop-Limitは設定するに越したことがないです(*’▽’)

退場しなければ、いくらでもチャンスはありますよ~!

Poloniexのショートのやり方!マージントレード(信用取引)の使い方

マージンコールとは?

マージンコールとは、

証拠金維持率を大きく下回り、損失が発生しないように警告する仕組みです!

 

追証がある取引所では、

証拠金の追加を求める警告ですが、

ポロニエックスは追証がないので、

強制決済間近ですよ~!というお知らせです。

 

ではでは実際にマージントレードの際の、

『強制決済お知らせ = マージンコール』を見てみましょう♪

 

2019年12月のCCでのFCT(ファクトム)復活からの

ソフトウェア大手のMicrosoft(マイクロソフト)と技術提携の発表での爆上げ。

 

実は(笑)CCでの入金、出金、取引復活で終わりだと思って、

ショート(空売り)していたんです( ´∀`)

 

後は事実売り~ と思って、

Stop-Limitしていなく、

その間に30%以上暴騰した時に

『MARGIN CALL』は表示されました(/_<。)

↑ 赤帯 不気味(´∀`;A

 

Your collateral balance is dangerously close to the minimum maintenance margin. To avoid a forced liquidation, transfer additional collateral  to your margin account immediately.

《翻訳》

担保の残高は最低限のメンテナンスマージンに近いので危険です。 強制的な清算を避けるために、追加の担保を直ちにあなたのマージン口座に送金してください。

 

さらにメールでもお知らせが・・・w|;゚ロ゚|w

 

件名『Margin Call』

 

こうなったら大体ヒゲで刈られるパターンが多いです^^;

損切は利確!と思うくらい大切です。

 

コツコツ(勝って)ドカンと負けたら退場ですので、

資金管理は徹底しましょう♪v(‘∇’*)

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

本田圭佑がイメキャラ! ビットポイント

各種手数料が無料
現物取引からレバレッジ25倍まで可能!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です