Poloniex(ポロニエックス)Stop-Limit(逆指値注文)の使い方を図解解説

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

Poloniex(ポロニエックス)の注文の仕方に

Stop-Limitというものが用意されています。

いわゆる逆指値注文です!

 

Stop-Limit(逆指値注文)とは、

「銘柄の価格が、あらかじめ指定した価格(Stop)以上、 または以下に到達した場合に、あらかじめ指定した価格(Limit)で注文を発注する」

ということです。

 

Stop-Limitを使う目的は、損切りです!

 

現物(Exchange)もしくは、ロング(買い)で入った場合、

現在の価格より低い売値で注文を出したい場合、

「指値」ではそのまま売られてしまいます汗

 

けれども損切で設定したい場合、

Stop-Limitを利用すれば、

予約注文なので損切したい価格帯になったら注文は出すことになるので、

希望価格で注文が成立し、

大きな損害になる前に損切ができるというわけです。

スポンサーリンク


※確実に注文が通るわけではないので、通りやすく設定する方法も書いています!

Stop-Limit(逆指値注文)の使い方

『Exchange』と『MARGIN TRADING』どちらにも

「Stop-Limit」があります。

画像では、『MARGIN TRADING』の方で「FCT」を

0.00172182(Base Price(参入価格))でロングinしています。

「0.00166000BTC」になったら「0.00165990BTC」で損切(決済)するという例です。

〇Stop・・・この価格になったら、Limitで設定した価格の注文が発動されます。

〇Limit・・・注文したい価格

〇Amount・・・注文したい数量

〇Total・・・注文価格×数量

 

現物買いやロング(買い)で入っている場合、

最後は「売り」で決済するので、

注文を確定させる場合は、「Sell」をクリックします。

 

これで注文が入りました!

スポンサーリンク


注意

必ずしもStop-Limitの注文が100%で通るわけではないです。

ポロニエックスも、

「Stop Limit margin orders are not guaranteed to trigger at the amount specified.」

と書いてあります。

というのは、急な暴落&暴騰では、価格が飛んだりします。

 

価格が飛ぶとは、

0.001700BTC の次は、

0.001699BTC にならず、

0.001688BTC など思った以上に価格帯が開いてしまうことです。

 

そうなった場合、Stop-Limitに設定した価格を飛び越えて暴落し、

注文が滑ることがあります。

対処法としては、

余裕をもって、「Stop」と「Limit」の価格をある程度開かせて注文することです。

 

なるべく損しないように損切したいと思っても、

注文が滑って暴落&大損したらもったいないですね(/_<。)

 

また信用取引でのショートの逆指値は、

この逆で「買い」が出口です(*^^*)

 

最初は買いと売り 逆になって理解するのが難しいかもしれませんが、

少額で何度も練習すると慣れてきます♪

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

初心者も使いやすい! DMM Bitcoin

7種類14通貨ペアの幅広いアルトコインFXができる!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です