ステーキングとは?(仮想通貨取引の用語)

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

本日の仮想通貨用語は、

こちら!

スポンサーリンク


仮想通貨ニュースでは話題になるトピックです!

ステーキング(staking)とは?

仮想通貨をウォレットに保管することで報酬をもらう行為のことを

『ステーキング(Staking)』と言います。

 

報酬の割合はそれほど高くはありませんが(対応している通貨によります)、

長期であってさらに仮想通貨の保有量が多いほど報酬増えるので、

仮想通貨を長期ホールドしたいという方には、おすすめの方法です。

 

逆に、ウォレットに保管しているコインがロックされ、

送金ができなくなるなってしまうため、

短期の売買で利益を得たいという方には向かない方法となってしまいます。

メリットは?

ステーキングのメリットとしては、

マイニングと違ってそれほど高性能なPCが必要ないため、

ネット環境さえあれば通常のスペックのPCでも十分取り組む点が挙げられます。

 

また、通貨をウォレットに保管するので、

セキュリティ面でも、安心できるという利点があります。

スポンサーリンク


デメリットは?

ステーキングのデメリットとしては、

通貨の保有量が多い方がステーキングをする傾向が強いので、

通貨の流動性が低下して、価値が上がりにくくなってしまう点が指摘されていますが、

今のところは十分な根拠はないようです。

 

仮想通貨の長期保有で利益を出したい方や、

大量に持っているけど現在の使い道がないという方は一度ステーキングに挑戦してみるといいかもしれませんね。

ステーキングできる仮想通貨は?

ステーキングはすべての通貨でできるわけではなく、

Proof of Stakeというアルゴリズムを採用している通貨でなければいけません。

現在、PoSを採用している仮想通貨は、国内の取引所では取り扱っていないため、

海外の取引所にアカウントを作り取引をする必要があります。

 

また、海外取引所を使ったとしても、

どれがPoSを採用した仮想通貨なのかは判別することができないため、あらかじめ目的の通貨がPoSを採用しているかどうか調べておく必要があります。

現在、PoS 可能な代表的な通貨は

ADA(エイダコイン)

XP(eXperience Point)

PAC(パックコイン)

などがあります。

どちらも有望な通貨ですが今はまだ価格が落ち着いていますし、大量に保有している方は是非ステーキングに挑戦してみるといいかもしれませんね。

 

ADA(仮想通貨)の今後と価格は?日本取引所上場や特徴・発行枚数について

2018.03.03

ヨロイウォレットの使い方(送金&預金)とインストール方法!カルダノADA

2018.11.01

YOROI(鎧)walletはスマホ対応済?ADAコインをモバイル管理する方法

2018.11.07

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

本田圭佑がイメキャラ! ビットポイント

各種手数料が無料
現物取引からレバレッジ25倍まで可能!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です