TGE(仮想通貨)案件とICOの違いは?

▼ 当サイトで人気の仮想通貨取引所! ▼

【1位】bitbank(ビットバンク)

国内取引量とセキュリティはNo,1!高機能アプリが評判!

【2位】GMOコイン

人気銘柄リップル購入できます!上場企業のグループ会社で安心&サポート対応◎

【3位】DMM Bitcoin 大手企業のDMMの取引所&リップルやネムなどレバレッジ取引が可能!

【世界No,1】バイナンス Binanceに上場する事が最終目標とまで言われる程、世界NO,1の海外取引所!

【オススメ!】複数取引所に登録して資産を分散するのがおすすめです。

仮想通貨用語のICOやTGEに関してまとめました!

ICOとは?

ICOとは、Initial Coin Offeringの略で、

市場に公開される前に資金調達(クラウドファンディング)をするために

「開発される暗号通貨を受け取る権利」のようなものを発行し、

それを販売します(プレセール)。

 

そこで集めた資金をもとに仮想通貨の開発を行い、

無事に開発できた時に約束していた数量の「開発された暗号通貨」を引き渡すという流れです。

 

その際、「ホワイトペーパー」に、

開発したい内容やアイデア、そしてその将来性などを記載します。

 

出資者はホワイトペーパーをもとに出資するかどうかを判断します。

プレセールでは有望な通貨を安く買える半面、

ホワイトペーパーが嘘だったり、

お金だけ集めて開発せずに逃げられる可能性もあるため

出資者は注意しなくてはなりません。

スポンサーリンク


TGE案件とは?

一方、TGEとはToken Generating Eventの略で、

ホワイトペーパーなどで暗号通貨の情報を伝え、クラウドファンディングで資金を募り、暗号通貨の開発を行い公開します。

これまでの一連の流れはICOと似ています。

 

しかしTGE案件は第三者の調査機関によって、

プロジェクトのアイデア、集めた資金の使用目的、流通の仕組みや仮想通貨通貨の利用方法、法的問題などの情報を十分に精査されています。

 

公開しても問題はないと判断された暗号通貨に対してのみ

「TGE」として資金調達を行うことができます。

つまり、ICOに比べてその通貨に対する「信頼性」が大きくなります。

TGEとICOの違いとは?

TGE案件として上場した通貨は

第三者の調査機関から「信頼性」があるため

出資者は低リスクで期待値の高い通貨を選ぶことができます。

 

TGE案件の代表といえば、

『CENNZ(セントラリティ)』です!

クリプトピア(CENNZ)セントラリティの買い方&チャートを図解説明!

2018.04.09

セントラリティ(CENNZ)の今後の取引所上場は?チャートや将来性予想

2018.04.10

スポンサーリンク


最初に登録しておきたい取引所!

安全性No,1  bitbank(ビットバンク)

アルトコインが安く買える!日本一の仮想通貨取引所です(*’▽’)
初心者向け&日本円で仮想通貨が買える♪

bitbank

 

大手企業で安心! GMOコイン

初めてでも簡単な操作でリップルが購入できる!
大手GMOだからアプリも使いやすい!

GMOコイン

 

本田圭佑がイメキャラ! ビットポイント

各種手数料が無料
現物取引からレバレッジ25倍まで可能!

BITPOINT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です